最近流行りのマンションのリノベーション。新築マンションとリノベーションした中古マンションとどちらが良いのか?

新築?それともリノベーションした中古マンション?

 

注目を集めるリノベーションマンション


住まいへ大規模なリフォームを行うことで、機能性を大幅に向上させる試みがリノベーションです。
たとえ古い物件でも最新の設備が揃いますので大変便利です。それだけに新築マンションを手に入れようとする人でも、一考の余地があります。

リノベーション物件のメリットは圧倒的なコストパフォーマンスの良さです。たとえ築年数が長く経過していても住む分には古さを感じさせません。
間取りも大きく取れますから開放感ある暮らしが実現できます。バリアフリー化が施されていればお年寄りでも安心です。
ここまで快適であるにもかかわらず、本来の建物は昔の物件ですから新築マンションより遥かに価格は下がります。リノベーション工事の費用を含めても十分にお得です。

一方で新築マンションは構造そのものが新しく、十分な堅牢性が確保されています。特に耐震性を気になる人にとって選ぶ価値のあるポイントです。
また室内の造りはリノベーションと同様でも、廊下や周辺の設備は経年による影響を免れません。生活環境そのものを新しいもので揃えたいのであれば、新築マンションの方が適しています。

たとえばエレベーターが無いような集合住宅だと足が不自由な人には好まれません。これを活かすのであれば若い人向けにリノベーションを行うべきです。
北欧家具などのデザイン性溢れるもので統一すれば、女性も住みたくなる部屋になることでしょう。
新築マンションはローンを組んだとしてもかなりの高額になります。経済性と機能性を両立させたい人こそリノベーション物件は相応しいものです。
新築マンション並みの丈夫さを求めるのであれば、耐震工事を加えるという方法もあります。

昔の建物は現在の基準と違うため堅牢性に不安が残ります。
近年は大規模災害も続いているために安全性は誰もが重視する要素です。
住人でも不動産オーナーでも、同じ家を利用し続けるのであればリノベーション工事を実行するべきでしょう。

自分が望むニーズを改めて見直して新築マンションと比べることが後悔しない物件選びの要点です。

↑ PAGE TOP