最近流行りのマンションのリノベーション。リノベーションする際の注意点について。

マンションをリノベーションする際の注意点

リノベーションは既存の間取り解体して新しく工事することで、性能やデザインを一新する工法で、基礎部分は古くても内装を新しくできます。
新築は価格面で難しくても、中古物件を購入することでコスト面を安くできるというメリットから人気が高まっています。
また、自分のライフスタイルや趣味に合わせたものができ、戸建てだけでなくマンションでも可能な点が特徴です。
非常に魅力的なリノベーションですが、コストを抑えたり、好きなデザインにするには特定の条件が必要になるため注意が必要となります。
リノベーションの工賃はどんな条件でも変わらないため、費用を抑えるためには安い物件を購入することが重要です。
建築年数が古いものほど安くなるのが不動産の常識ですが、古ければ古いほど排水管やその他の設備が経年劣化していることになります。
リノベーションでは室内の工事のみで、水道管などに手を入れることはないため、あまりに古すぎる建物では満足できる住居にはならないかもしれません。
また、マンションでは基礎は建築時のままなので、古い建物では十分な耐震性能がない可能性もあります。地震に対する不安がある家庭では、中古物件はあまりおすすめできないでしょう。
耐震性のある物件では築浅のため、購入価格が高くなるため、工事費用と合わせると新築物件以上の出費になることもあります。
費用より間取りやデザインを重視しているのであれば問題ありませんが、予算の一点だけを見る場合は注意しましょう。
最近では不動産会社がマンションを買い取り、リノベーションして再販するタイプもあるので、この物件では自由な間取りやデザインにできなくなります。
給水管の位置など設備によっては思い描いたデザインにできないこともあり、最終的には一部を解体してからでないと決められないこともあります。
そのため、マンションを購入する際は、物件と工事会社選びを個別に行うより、同時進行で相談しながら進めると良いでしょう。

注目を集めるリノベーションマンション

↑ PAGE TOP