最近流行りのマンションのリノベーション。中古マンションをリノベーションする場合の範囲。

中古マンションでリノベーションできる範囲

中古マンションを購入することで予算が抑えられ、新しい設備やこだわりの空間を演出するできることからリノベーションに人気が高まっています。
基礎や大元の構造はいじれないものの、かなり自由な設計ができる反面、戸建てほど自由がないと考える人も少なくありません。
中古マンションでリノベーションができる範囲は、基本的に造作となる居住部分となっており、玄関やバルコニー、通路などの共有部分は不可能です。
マンションごとに細則のあるものもありますが、建物のデザインそのものを崩しかねない、窓の部分も工事ができないことがあります。
アルミサッシなどは時代によって古くさいものも多いのですが、勝手に変えることができないため悩ましいものです。
しかし、外さなければ問題ないため、こだわる場合は二重サッシで見た目を変えることも可能となっています。
専有部分なら工事が可能としても、寝室や収納など設計していくと、以外と浴室やトイレなど水回りの場所が選べないことがあります。
実はマンションだと給水および排水する場所が決められているため、基本的な場所から移動するのが難しいのです。
部屋を分ける壁やフローリングを張り替えるリフォーム程度なら簡単ですが、室内の天井や壁、床などを取り払って構造体だけにするスケルトン状態では、電気の配線など思いのままとなりますが、 排水管の構造についてはマンションの年代ごとに作りが違ってくるため注意が必要となります。
工事業者に図面を見せれば解決することもありますが、場合によっては床下がどうなっているかなど一部の場所を解体しなければいけないこともあります。
とりあえず中古マンションを購入して、リノベーションはその後になんて考えることもあるかもしれませんが、構造そのものを変更することができないことも多いため、 最初から工事をすることが決まっているのなら、物件と工事会社選びは同時進行で行うほうがトラブルも少なくて済みます。

注目を集めるリノベーションマンション

↑ PAGE TOP